あるサラリーマンのアフィリエイト挑戦日記

どこにでもいる普通のサラリーマン「まるぞう」が、アフィリエイトというサービスにチャレンジし、副収入を得る様子を書き綴っていきたいと思います。果たしてどうなることやら?



ネットビジネスの基本を知りたい?
和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アフィリエイト商材としての書籍について

こんばんわ。今日は自宅のカギとクルマのカギを間違えて
持ったまま会社に行って、帰りに家に入れずさびしい思いを
したまるぞうです(笑)。
あ、もちろん奥さんにカギを開けてもらったので無事家の中に
入ることはできましたよ。

さて、A8ネットのアフィリエイトプログラムについては承認されました。
これで準備は整った、といいたいところですが、もう一つ押さえておきたい
商材がありました。

それは、ズバリ「書籍」です。

人間、いろいろな情報を収集するのには、今流行りのインターネットを駆使するのも
当然ですが、やはり昔から書籍からの情報入手という方法は今も変わらないと
まるぞうは思っています。
ということは、やはり情報収集するための手段である「書籍」を、商材から外すわけには
いかないのではないでしょうか。

では、インターネットからの情報収集と、書籍からの情報収集では
何が違うのだろう?とまるぞうは考えました。で、それぞれのメディアのメリットを
3つ書き出してみることにしました。
(※なぜ3つなのかということについては実は重要な意味があります。
という数字の意味についてはいずれ紹介したいと思います。


インターネットのメリット
・情報が早い!(ほぼリアルタイム)
・情報が安い!(最近のブロードバンド環境ではみんな手軽に利用してますよね)
・情報がかさばらない!(データは全部パソコン内部で管理可能)
インターネットのデメリット
・情報の信憑性は不明(玉石混合ってやつですね)
・インターネットが必要(パソコンやケータイが必須ですね、、)
・関連情報の整頓が大変(関連サイトが多すぎて自分で情報の取捨選択が必要)

書籍のメリット
・どこでも読める(持ち歩く必要がありますが、パソコンは不要です)
・情報が比較的正確(通常、インターネットと違って著者は記事をじっくり推敲しています)
・関連する情報は凝縮されている(書籍のテーマに沿った記事が編集されています)
書籍のデメリット
・情報が最新とは限らない(出版されたあとは情報更新がありません)
・書籍は値段が高い。(高い書籍では1冊数千円ということもあります)
・書籍は保管場所が必要(次々に書籍を購入すると、すぐ書棚がいっぱいになります)

みなさんが考えるそれぞれのメディアのメリット・デメリットと一致していない
ところもあるかもしれませんが、まるぞうは上に挙げたような部分がポイントであると思います。
で、それぞれのメディアを比較すると、お互いのメリットがお互いのデメリットを
カバーしていると思いませんか。
それぞれのメディアについて、一長一短あって、両方を利用することで
お互いのデメリットを補完できるわけなので、いくらインターネットが
発達しても、書籍の必要性や重要性が低くなるわけではないと思うのです。

というわけで、まるぞうがアフィリエイトを実践するにあたって、
みんながこれからも利用するに違いない「書籍」を商材に加えたいのです。

そして、「書籍」といえばAmazon.com
まるぞうの次のネライはAmazon.comのアフィリエイトプログラムへの参加です。

週末はA8ネットでの商材探しと、Amazon.comへのアフィリエイト参加申請を
がんばりたいと思います。

それではまた次回の書き込みでお会いしましょう~。
スポンサーサイト
  1. 2005/01/14(金) 07:36:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まるぞう

12 | 2005/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

その他リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。